入学した年の学校への寄附金に注意

シェアする

Pocket

秋から年末にかけて

寄附の案内がよく届きます

学校の入学に関する寄附金とみなされると

寄附金控除の対象から除外されます

寄附金控除の対象外?

国や地方公共団体、特定公益財団法人、学校法人などに対し、「特定寄附金」を支出した場合には、所得税の寄附金控除所得控除)をうけることができます

政治活動に関する寄附金、認定NPO法人等に対する寄附金及び公益社団法人等に対する寄附金のうち一定のものについては、所得控除にかえて、税額控除を選択することも可能です

さらに、住民税においても、寄附をした団体等を条例で寄附金税額控除の対象法人として指定している地域に住んでいる方は、住民税の「税額控除」の対象になります

こういった税法上の優遇措置をうたって、秋から年末にかけて寄附のお誘いが多くなりますが、寄附金控除の対象から除外される寄附金があるのをご存知ですか?

学校の入学に関してするもの寄附をした人に特別の利益が及ぶと認められるもの及び政治資金規正法に違反するものなどは、「特定寄附金」に該当せず、控除の対象外となります


■スポンサーリンク


学校の入学に関する寄附とは

学校の入学に関してする寄附金とは、「入学願書受付の開始日から入学が予定される年の年末までの期間内に納入されたもの」をいい、入学と因果関係のあるものに該当するとされます

こうした入学した年内の寄附金は、「学校の入学に係る寄附金」とみなされて寄附金控除の対象から除外されます

学校への寄附というと、無条件に寄附金控除の対象となるような気がしますが、対象外となる場合があることは前もって知っておきたいですね

寄附をする前に確認を

まぎらわしいのですが、入学年の学校に対する寄付金であっても、入学決定後に募集が開始されたもので、新入生以外の在校生や卒業生等と同条件で募集されるものなどは「学校の入学に関してする寄附金」から除かれ、寄附金控除の対象となることもあります

パンフレットなどに「~は、入学年の寄附でも寄附金控除をうけることができます」といった記載があれば、対象になるので、寄附をする前によく確認をしましょう

***編集後記***

寄附金控除の対象となる、寄附ですが、最近はふるさと納税がおおくて、学校への寄附をみかけることが以前よりすくなくなったような気がします


・・・このブログは投稿日現在の法律や状況に基づいて書いています・・・

このブログを書いた税理士 小柳志保のプロフィール

◆鎌倉で相続なら、かまくら相続|女性税理士がお手伝いいたします

神奈川県鎌倉市で相続を得意とする女性税理士(横浜家庭裁判所 成年後見人等推薦者名簿登載者)が、相続税対策、遺産分割アドバイス、相続税申告、相続税の税務調査対策などをサポートしております。【初回無料相談実施中】ご高齢の方、ご家族お揃いでご相談されたい方などへは出張にてのご相談にも応じますのでお問い合わせください。

ホームページはこちら


■スポンサーリンク