専門知識で相続税の負担を軽減|慣れないお手続きも女性税理士がサポートいたします

ゆうちょ口座開設がアプリで完結可能に

ゆうちょ銀行の無通帳型総合口座であれば

専用アプリを利用して

スマートフォンから口座開設を申し込めるようになりました

スポンサーリンク

ゆうちょ銀行の口座開設の方法

ゆうちょ銀行は、郵便局やゆうちょ銀行の店舗やATMが

日本全国をもれなくカバーしていることから

口座を所有している方が非常に多い銀行です

 

個人の方のゆうちょ銀行での口座(総合口座)開設の流れは、つぎの通りです

  1. 印鑑と本人確認書類を持参して、郵便局・ゆうちょ銀行へ行く
  2. 窓口で申込書に記入・取引時確認をうける
  3. 口座開設ができれば、その場で総合口座通帳が渡され、取引開始可能に

 

通帳を発行しない無通帳型総合口座ゆうちょダイレクト+)であれば、

郵送での申し込みも可能です

 

しかし、ゆうちょ銀行Webサイトで「利用申込書」の作成まで出来ても、

作成した「利用申込書」をプリントアウトして、

署名のうえ、本人確認書類等を添えて、ポストに投函する必要がありました

 

スマホで口座作成に慣れている世代には、

すこしハードルが高い手続きといえるでしょう

 

「ゆうちょ口座開設アプリ」のサービス開始

窓口か、郵送か、の2択だった、ゆうちょ銀行の個人口座の開設にも、

専用アプリが登場しました(2022年5月30日より)

ゆうちょ口座開設アプリーゆうちょ銀行

 

スマートフォン向けアプリ「ゆうちょ口座開設アプリ」では、

スマートフォンで、ゆうちょ銀行の

無通帳型総合口座「ゆうちょダイレクト+」の開設を

申し込みすることができます

 

専用アプリをダウンロードしたら、以下を行えば口座開設申し込みは終了です

  • 本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカード、在留カードのどれか)の読み取り
  • 顔写真撮影
  • 本人情報(メールアドレスも含む)の入力等

 

口座開設申込受付完了後は、

入力内容等をゆうちょ銀行側が確認のうえ、

アプリ利用時に入力した「メールアドレス」に口座開設の確認結果が通知されます

 

口座開設後2週間ほどで、

「キャッシュカード」と「ゆうちょダイレクト」のお客様番号等が

簡易書留郵便で届けられるということです

 

NFC機能付きのスマホが必要です

手軽になった、アプリを通しての口座開設ですが、

「ゆうちょ口座開設アプリ」では、本人確認書類のICチップ読取を行うため、

口座開設時に利用するスマートフォンは、NFC機能付きのものに限られます

 

また、運転免許証で申し込む場合は、

運転免許証交付時に自身で設定した暗証番号(数字4桁・2種類)

を入力する必要があるとのことです(←この暗証番号はこういう場面で使われるのですね)

 

***Something NEW***

市谷の杜 本と活字館

お抹茶モンブラン

 

 


・・・このブログ記事の内容は、投稿時点での法律や状況に基づいて記載しています。本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行ってください。・・・

このブログを書いた税理士 小柳志保のプロフィール

◆鎌倉で相続なら、鎌倉市の相続専門税理士事務所|女性税理士がお手伝いいたします

神奈川県鎌倉市で相続を得意とする女性税理士(横浜家庭裁判所 成年後見人等推薦者名簿登載者)が、お客様の負担をできるだけ軽減するため相続税の申告から相続にまつわる各種お手続きなどをサポートしております

◆現在、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、オンライン(ZOOMなど)や電話でのご相談も承っております

事務所ホームページはこちら



タイトルとURLをコピーしました