専門知識で相続税の負担を軽減|慣れないお手続きも女性税理士がサポートいたします

所得税

スポンサーリンク
所得税

日本年金機構からの「令和3年分の扶養親族等申告書」の送付

年金受給者で所得税の課税対象となる方に対して 「令和3年分の扶養親族等申告書」が9月中に郵送されます 受給者本人が障害者に該当する場合や 控除対象となる配偶者や扶養親族がいる方は 適正な源泉徴収をうけるた...
所得税

高所得者に影響!2020年より公的年金等控除額が変わっています

年金所得者を対象とする「公的年金等控除額」が 2020年より改正されています 影響があるのは主に高額所得者ですが 土地の譲渡益がある年などは税負担が重くなる可能性があります 2020年から変更されています サラ...
所得税

低未利用土地等を譲渡した場合の100万円特別控除は2020年7月から

土地の有効活用を通じた地域活性化や 所有者不明土地発生の予防を目的に 譲渡価格が500万円以下の一定の低未利用土地等を譲渡した場合に 長期譲渡所得から100万円を控除する特例措置が創設されます 低未利用土地等...
所得税

自治体が条例で指定した寄附であれば住民税でも寄附金税額控除がうけられます

大学への寄附(入学に関するものをのぞく)などは お住いの自治体によっては 個人住民税の寄附金税額控除の対象にもなります 所得税の確定申告の際には 住民税の寄附金税額控除もあわせて申告しましょう 国公立大学、...
相続税

相続前後の医療費の支払いについて

相続の前後に医療費の支払いがある場合 準確定申告での「医療費控除」の対象となるのは 亡くなる前までに支払いが済んだものです 亡くなった方の入院費などを死亡後に相続人が支払った場合には 相続税の債務控除の対象となります...
所得税

所得税の確定申告の際には住民税のことも少しは知っておきたい

所得税の確定申告の際には 翌年度の住民税がどれくらいかかるか 認識しておきたいものです 神奈川県では個人県民税の超過課税が行われていますよ 所得税と個人住民税の関係、そして違い 所得税も、個人住民税も、個人の所...
所得税

サラリーマンの配偶者は税金の計算上3つにわかれます

サラリーマンなど給与所得者の配偶者は 税金の計算上3つにわかれます そのうち、納税者本人(サラリーマン)の 合計所得金額(給与収入)の影響がないのは「同一生計配偶者」です 配偶者に関する定義 サラリーマンやパー...
所得税

要介護認定者の障害者控除の認定基準日|年の途中に亡くなった場合

申告者本人や扶養親族が障害者手帳などの交付を受けていない場合でも 要介護認定を受けているかたは 所得税・住民税の「障害者控除」の対象となる場合があります 認定の基準日は申告対象年の12月31日ですが、 対象年内に亡く...
所得税

住宅ローン控除1年目に必要な書類と、2年目以降に必要な書類

住宅ローン控除をうけるためには初年度は確定申告が必要です 会社などにお勤めの方であれば 2年目以降は年末調整で住宅ローン控除をうけることができます それぞれの場合で必要な書類が異なります 住宅ローン控除とは 住...
確定申告

土地と建物の所有者が異なるときの居住用3000万円特別控除の適用

マイホームを売却した場合には 譲渡所得から最高3000万円までを控除できる特例があります 建物の所有者とその敷地の所有者が異なる場合のマイホーム売却では どのように譲渡所得を計算するのでしょうか 居住用財...
所得税

確定申告の際に源泉徴収票の提出は不要ですが・・・

2019年4月1日以後に所得税の確定申告書を提出する場合 源泉徴収票などを一緒に提出する必要がなくなりました ただし、確定申告書には源泉徴収票の内容を記載する必要がありますし 税務署などで確定申告書を作成する場合にも必要で...
所得税

最低時給1,000円超時代の子どものアルバイト代、そして親の税金

12月を前に今年の年収が103万円を超えてしまったかもしれないと心配するのは いまや主婦でなく学生だったりします この秋、東京や神奈川では最低時間給が1,000円を超えましたが 配偶者以外の親族に認められる「扶養控除」は ...
確定申告

譲渡所得や贈与税の申告用チェックシートはその年分用のものを

譲渡所得の確定申告や贈与税の申告が必要な方は 各種特例の可否確認や 特例を申告する際に必要な書類について 確認できるチェックシートを活用しましょう 令和元年分の申告であれば「令和元年分用」を使用します チェ...
所得税

11月に納める予定納税と、予定納税の減額申請の期限

所得税の第2期分の予定納税の納付期間がはじまりました 第2期分の予定納税の減額申請をする場合は 11月15日までに行いましょう 所得税の予定納税とは 前の年の所得金額や税額などをもとに計算した「予定納税基準額」が15...
所得税

おおよその住民税額を計算するには、所得税との違いを知っておきましょう

確定申告の際には算出される所得税の額が気になりますが 翌年度にかかってくる住民税の額も気にしておきましょう 意外と多かったとの感想をよく聞く住民税 所得税との違いを前もって知っておくと慌てません 住民税はいくらぐ...
確定申告

株の損失と給与等の所得は相殺できません

株式の譲渡損失がでてしまった場合 給料など他の所得の黒字の金額と相殺することはできません これは同じ所得税でも それぞれの課税方法が異なるためです 株式の譲渡損失は他の所得の黒字と相殺できない 株式の売...
所得税

取得費が分からない場合の対処方法|不動産譲渡所得

不動産を売って売却益がでる場合は 確定申告が必要です 売却した不動産の取得費がわからないときには ヒントとなる資料を探してみましょう 不動産売却にかかる税金 土地建物、マンションなど不動産を売却し、売却益がでた...
所得税

生命保険料控除は住民税のことも考えて申告書にすべての保険料を記載しましょう

生命保険料控除は 所得税と住民税でその控除額の計算方法が異なることから その有利不利判定が必ずしも一致しないことがあります 所得税の有利判定だけで判断せず 申告書にはすべての保険料を記載しましょう 生命保険...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました