専門知識で相続税の負担を軽減|慣れないお手続きも女性税理士がサポートいたします

所得税

スポンサーリンク
所得税

年金所得者の定額減税

令和6年分の所得税、令和6年度分の個人住民税では 公的年金等から所得税、個人住民税がそれぞれ源泉徴収/特別徴収される場合、 所得税は3万円、個人住民税は1万円の定額減税が実施されます 年金所得者の定額減税について 令和6年分の所得税、令和6...
所得税

非居住者の確定申告と所得控除

海外へ移住したり、海外勤務となった場合でも 日本国内に国内源泉所得があると、 原則として確定申告が必要です 日本国外に住んでいる方の確定申告 海外へ移住したり、1年以上の予定で海外へ転勤した場合、 所得税法上の「非居住者」となります 非居住...
所得税

甲欄→乙欄の変更があった従業員の源泉徴収票の作成について

掛け持ちで仕事をしている場合などで 年内に所得税の源泉徴収税額表の「甲欄」から「乙欄」へと変更があったときは 事業主は、変更した従業員の甲欄分の源泉徴収票を作成、 従業員は新たに「甲欄」となった会社にその源泉徴収票を渡します 甲欄・乙欄とは...
所得税

株や配当所得について所得税と住民税の課税方式が統一されます

令和5(2023)年分の税申告(令和6(2024)年度住民税課税)から 上場株式等の配当所得および譲渡所得等について 所得税と住民税の課税方式を統一させることとなり、 所得税と住民税で異なる課税方式を選択できなくなります 異なる課税方式が選...
確定申告

「障害者控除対象者認定書」と税金

障害者手帳の交付をうけていない場合でも 所得申告する本人または扶養親族等が65歳以上で 身体の障害や認知症の状態が一定の基準に該当すれば 「障害者控除対象者認定書」の交付により税の控除をうけることができます 「障害者控除対象者認定書」の発行...
確定申告

不動産取引の際に考慮したい特別控除制度

土地建物の売却で譲渡益がでる場合 利用できる「特別控除」がないかは はやめに把握しておきたいものです 土地建物を売却した場合の確定申告 土地や建物を売却した場合、 購入時の値段(建物については減価償却費相当額を差し引いた金額)と比較し、 値...
所得税

所得税の青色申告を取りやめるときの手続き

所得税の青色申告の承認をうけていた方が 青色申告書による申告を取りやめようとする場合には 手続き(書類の提出)が必要です 青色申告を取りやめるには手続きが必要です 事業所得、不動産所得又は山林所得を生ずべき業務を行う方が 所得税の青色申告の...
所得税

退職金をうけとったときにかかる税金

退職に伴い勤務先から退職手当をうけとった際には 退職手当の金額や勤続年数により 所得税と住民税がかかる場合があります 退職金にかかる税金とその計算方法 勤務先を退職する際にうけとる退職金は、 「退職所得」として税金がかかります かかる税金は...
所得税

寡婦に対する税制上の措置

夫と死別又は離別した寡婦に対しては 税制上、所得税や住民税の所得控除以外にも 個人住民税の非課税措置も設けられています 寡婦に対する税制上の措置 婚姻歴の有無や性別にかかわらず、 生計を一にする子を有する「ひとり親」には、 令和2年分以後は...
確定申告

国税庁「確定申告書等作成コーナー」を利用できないケース

国税庁ホームページの「確定申告書等作成コーナー」を利用して 所得税などの確定申告書の作成・送信が可能ですが、 申告内容や受けようとする特例によっては 「確定申告書等作成コーナー」を利用できないケースもあります 国税庁「確定申告書等作成コーナ...
確定申告

医療費通知を確定申告で利用するには

確定申告で医療費控除をうけようとする場合 医療費のお知らせ(医療費通知)を利用するのが便利です ただし、1年分の診療分の情報を利用できるようになる時期は 加入する健康保険によって異なります 医療費通知(医療費のお知らせ)とは 医療費通知(「...
確定申告

令和4年分「所得税確定申告書」上の変更点

令和4年分の所得税確定申告書は これまでの所得税確定申告書と異なる箇所がいくつかあります 申告書にA・Bの区分がなくなり一本化 いちばん大きな変化は、これまで 確定申告書A 確定申告書B と、2種類あった所得税の確定申告書が「新しい申告書」...
確定申告

ネット銀行と振替納税/還付金受取口座

ネット銀行を利用する方が増えていますが 所得税の振替納税や還付金の受け取りには それぞれの銀行が対応しているかどうかに注意が必要です ネット銀行を利用する方が増えています 利便性や口座開設の手軽さなどから、ネット銀行を利用する方が増えてきて...
確定申告

上場株式等の配当所得等についての所得税/住民税の課税方法の選択

上場株式等の配当所得等について 令和5年分(住民税の課税年度としては令和6年度)以降は 税制改正により、所得税と住民税で異なる課税方式の選択ができなくなります 平成29年度税制改正により「所得税と異なる課税方式」が可能に 平成29年度税制改...
所得税

給与収入と給与所得の違い、給与所得の求め方

給与所得の源泉徴収票の「支払金額」は いわゆる「給与収入」に該当し、 そこから給与所得控除額を引いた金額が「給与所得」に該当します 給与収入と給与所得の違い 「給与収入」とは、 源泉徴収票でいうところの「支払金額」の金額をいいます 「給与所...
所得税

低未利用土地等を譲渡した場合の100万円特別控除

低未利用土地等を売却した場合の 100万円特別控除の制度がスタートして2年 適用期限は2022年12月31日までです 【後日追記】改正で2025年12月31日まで3年延長されました 低未利用土地等譲渡の100万円特別控除とは 地方を中心に、...
所得税

確定申告と異なる課税の選択を行う場合の住民税の申告

個人住民税で特定配当等及び特定株式等譲渡所得金額のすべてを 申告不要(特別徴収で済ませる)とする場合には、 所得税の確定申告書の提出のみで申告手続きが完結できるようになりました ただし、ひとつでも個人住民税で申告するものがある場合には 引き...
所得税

鎌倉市役所での申告相談が予約制に

2月16日から3月15日までの期間の 鎌倉市役所における市・県民税申告等の作成相談は 2022年より予約制が導入されます 予約受付は、2022年2月7日からです 市役所における申告相談は予約が必要に 鎌倉市役所において、2022年2月16日...
スポンサーリンク