専門知識で相続税の負担を軽減|慣れないお手続きも女性税理士がサポートいたします

所得税

スポンサーリンク
所得税

収用等により土地建物を手放した場合

公共事業などのために 土地建物を売った場合には 収用などの課税の特例をうけられる場合があります 収用の課税の特例はふたつ 土地収用法やその他の法律で収用権が認められている公共事業のために土地建物を売った場合に受けられ...
所得税

新たに不動産の貸付けを始めたときの届出など

新たに不動産の貸付けをはじめたときは 該当する届出書や申請書を 提出しなければなりません 相続により不動産の貸付けを始めた場合も同じです なにを提出すればよいのか 新しく不動産の貸付けをはじめたときは、つぎのよ...
相続税

「納税管理人の届出書」の提出先

海外勤務により日本国内に住所がないけれど 所得税などの申告が必要な場合には 「納税管理人の届出書」を提出します 届出書の提出先は税金の種類によって異なることがあります 納税管理人の届出書 海外勤務や外国での駐在...
確定申告

QRコードを利用したコンビニ納付が可能に

QRコード付控除証明書等の導入がはじまった 平成30年分の年末調整や確定申告ですが 同じQRコードでも 自宅等において納付に必要な情報をQRコードとして 作成・出力してコンビニで納付できる制度も始まります ...
確定申告

マイホーム売却と確定申告

マイホームを売却して 売却益がでるときに受けたい 譲渡所得の3000万円特別控除 確定申告が必要です マイホームを売ると税金がかかる? マイホームなど不動産を売却することを、法律で「譲渡」といいます たと...
相続のこと

相続した財産の売却を考えるなら

相続した財産を売却する場合 その相続税申告期限の3年以内であれば 支払った相続税額の一部を「取得費」に加算でき 譲渡所得の金額を軽減できる制度があります 相続税のつぎは所得税? 相続した土地や建物、株式などを、...
所得税

振替納税とクレジットカード納付の関係

振替納税を利用している場合で クレジットカード納付を希望するときは 振替納税による引落しがされないよう あらかじめ税務署へ連絡のうえクレジットカード納付を利用しましょう 振替納税とは 振替納税とは、納税者名義の...
所得税

民泊による所得の課税関係

新しい民泊制度がスタートしました 住宅宿泊事業法の施行にあわせて 民泊による所得について公式な見解が 国税庁サイト上で公表されています 住宅宿泊事業法がスタート いわゆる「民泊」についてのルールが定められた、住...
確定申告

マイホームの共有と3000万円特別控除

マイホームを売却したときは 譲渡益から最高3,000万円まで控除できる特例があります 土地建物ともに共有のマイホームであれば 共有者ひとりにつき最高3,000万円が控除されます 3,000万円特別控除とは マイ...
所得税

取得費となるもの

不動産取得税を納めたら その領収証書を大切に保管しましょう 将来売却するときに必要となります 譲渡所得の計算方法 土地や建物、株式、ゴルフ会員権、リゾート会員権や金などの資産を譲渡することによって生ずる所得を譲渡所得...
所得税

青色申告者の帳簿書類とその保存

青色申告者は 決められた帳簿書類を作成し 一定の期間保存しなければなりません 帳簿を作成し保存する必要性 個人で事業や不動産貸付等を行うすべての方は、記帳と帳簿書類の保存しなくてはなりません それは、1年間に発...
確定申告

振替納税できなかった場合

所得税や消費税の納付について 振替納税の手続きをしている場合 振替口座の残高不足で振替できないと 延滞税というペナルティがかかります 振替納税とは 振替納税とは、所得税の確定申告や予定納税、個人事業者の消費税の...
所得税

源泉所得税納付書の年度欄

源泉所得税納付書の左上にある「年度」欄 3月分の源泉所得税でも 4月に納付すれば新年度を記入します 源泉所得税納付書の書き方 給与、退職手当、税理士・弁護士・司法書士などの報酬について、源泉徴収をした所得税及...
所得税

白色申告のひとがパソコンを買ったら

青色申告を選択せず 白色申告している場合 30万円未満の少額減価償却資産の特例はつかえません 経費としてどう計上するか 仕事で用いられる建物や機械、パソコン、車などの資産は、一般的には時の経過によってその価値が減って...
確定申告

海外勤務者が日本国内で不動産を売却すると

日本の法人の海外支店などに1年以上の予定で駐在するサラリーマンが 日本国内にある不動産を売却した場合 売主だけでなく買主にも特有の手続きが必要となります 非居住者が国内不動産を売却したら 日本の法人の海外支店などに1...
所得税

賃貸物件の所在地を納税地にできますか?

所得税の確定申告書は 納税者の住所地を所轄する税務署長に対し提出するのが原則です 届出により事業所を納税地とすることもできますが 貸付不動産の所在地を納税地とすることは原則できません 確定申告書の提出先の...
確定申告

平成21年と22年に取得した土地を譲渡した場合

リーマンショックから今年で10年 土地需要を喚起するために設けられた特例のうち 平成21年と22年に取得した土地について 売った時に売却益から1000万円控除できる制度があります 1,000万円特別控除の概要 ...
確定申告

公的年金等受給者の扶養親族等申告書の記入方法

平成29年8月より郵送が始まった 公的年金等受給者の平成30年分の扶養親族等申告書 質問の多い配偶者控除欄の記入方法や所得金額の計算方法を 説明する動画が用意されています 早々に送られた「平成30年分の扶養親族等...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました